いまごろ無邪気な息子




息子はときどき、びしょ濡れ、苔だらけになって帰ってくる。

息子は小学生ではない。

息子は中3だ。

幸い、制服ではなくジャージなので、私はそこまで怒らない。

洗濯が面倒だが、汚れたものは仕方がない。

事情を知らない私は、

「なんで濡れる?なんで緑になる?」

って息子に訊くと、息子は

「池に落ちた」  と。

私 「一体なにやってて池に落ちる?」

息子「遊んどって落ちた」

もう・・・・・それくらい判るさ(^_^;)。




確かに、学校の中庭には立派な池がある。

どんな遊びで池に落ちるんだか・・・・疑問に思った。、

池に落ちたのは、その後3回くらいあった。

そのたび、白い通学靴は、苔色~~♪ 緑色~~♪

で、ジャージの洗濯と通学靴を洗う・・・・何しろ手のかかるオトコになってしまっている息子。




実を言うと息子は、赤ちゃんの頃から、手のかからない子で、泣き虫でもなく、良く食べ、大きな病気もせず、どんくさい両親のわりに、運動会ではいつも1等賞で。

リレーに出ればアンカーで。

成績もそこそこ良くて。外面(そとづら)もほどほど良くて。なかなかイイ感じの子だった。

トーゼン、泥んこ遊びなど好んでやるタイプなんかじゃなかったから、泥んこになった衣服の洗濯に悩まされたことなんて1度もなかった。

そんな子だった。



ある日、息子の部活の保護者当番で、私は学校へ行った。

例の「池」を通り過ぎたら、グラウンドがある。

例の「池」を通り過ぎようとしたら、やんちゃそうな男子が

なにやらニコニコ楽しそうに 3、4人、池の付近に居た。

その中に、息子は満面の笑みで駆け寄って行っていた。

私は、ああ、こんなやって、池の周りで遊んでて、落っこちるんだな?って思いながら

「池」を通りすぎてグラウンドへ向かった。

心の中で、私は、

「幼少期、泥んこで遊んだことのなかった息子だ。

きっと、苔だらけ、びしょ濡れになって無邪気に遊べるお年頃は、もうそろそろリミットだろう。

それなら、汚れるだけ汚れて、遊ばせよう、無邪気に遊ばせよう。

汚れたジャージやら通学靴は洗えばいい。

そのぶん、彼(息子)にとって、かけがえのない素敵な思い出が刻まれるのなら。」

・・・そんなことを思いながら、「池」を見ずに、「池」を通りすぎた私だった。

遊ぶ姿を もし 私が見ていたなら・・・・


「やめて~~~!」  って、 

絶対思ったに違いないから。


後になって、池を眺めたら、まるっこい、形がいびつででこぼこな飛び石がいくつかあることに気が付いた。

ああ、この飛び石に乗って向こう岸に行く遊びをしてるんだな(#^.^#)  って思った。



ところがどっこい(;一_一)


実は


この飛び石に


どう考えても、
せいぜい1人、2人しか乗れないこの飛び石に


「何人まで乗れるか」


「何秒乗れるか」


っていう ゲームをやっていたらしい・・・・(;一_一)。


そりゃぁ、必ず!!! 


誰かが落ちるっしょ・・┐(´д`)┌ヤレヤレ・・・。


こんな子が・・・・進学校への切符


手に入れることって



ムズくない??








コメント

このブログの人気の投稿

私は興味のないアイコス(iQOS)なんだけど。

悩ましい(;_;) 春の登山(虫対策とスキンケア)~その1~

登山バスツアー ~集合編~